着物を売るときに抑えておくべきポイント1!

"家の中に眠っている着物を売りたい時には買取業者に買い取ってもらう方法がありますが、事前に相場を知っておく事で業者の比較がしやすくなります。
まず売却する予定の着物の種類によって買取価格の相場が変わってきます。比較的高い査定になりやすい種類としては「振袖」や「友禅」があり、状態などにもよりますが高いものでは数十万円の査定が付きます。値段が付きやすいのが特徴ですが、安い場合では2,000円?の相場となっています。さらに人間国宝や有名作家の着物であれば80万円以上になる事も珍しくありません。"

着物を売るときに抑えておくべきポイント2!

"着物の買取業者を選ぶポイントとしては、着物を専門に扱っている業者を選ぶ事をおすすめします。専門の業者は、売却する着物の正しい価値をプロの経験と知識で査定してくれるので、需要に合った価格を出してくれます。実績の多くある所であれば信頼も高く、疑問点などは丁寧に説明してもらえますので初めての方でも安心感があります。
買取の方法は出張での買取なども一般的ですので、直接店舗に持ち込まずに査定が可能となっています。申込みも電話をはじめ、ネットでの受け付けもしている業者が増えていますので確認しましょう。"

着物を売るときに抑えておくべきポイント3!

"買取の査定が高くなるポイントとしては、まず保存状態の良し悪しが影響します。汚れやほつれなど無いか事前にチェックしてみましょう。
そして着物のサイズは大きめの方が値段が付きやすく、素材の生地も絹100%の正絹がウールやポリエステルなどの生地よりも高くなります。着物の証紙がある場合は、品質や作家の証明にもなりますので買取額のアップも期待できます。他にも帯や小物などがあれば一緒に査定してもらうと良いでしょう。"